野々海水路普請

みなさんこんにちは!

いつもご覧いただき本当にありがとうございます!!

ここ栄村では、キノコに紅葉にと、秋まっさかりです。

このへんの山々も日に日に赤みを増しており、色濃くなってきてます。

かと言って、朝晩の冷え込みはそれほどでもないです。

日中は暑くも寒くもなく、紅葉狩りにはちょうどいい気候かもしれませんね。

自然の中に身をおいて、体を動かしてみるのも悪くないなと思います。

かくいう私は、最近まったく運動しておりませんでしたので、

なまった体から動ける体に戻すべく、地区の共同作業に出させていただきました。

今回の作業は、野々海池という農業用の溜め池から、白鳥、平滝、横倉、青倉、森の5地区にかけて整備された水路の周辺を草刈りなどして環境整備する、冬への備えであります。

私は今回、人手不足により急遽参加することになったのですが、他の地区でも人が足りないようなことを言っていました。

どこの地域でも同じかも知れませんが、農業の担い手が不足しているのだと感じました。

実際に作業に参加している人たちも年配の方が多く、40~50代の参加者は若手扱いです。。

しかし、動きはご年配の先輩方のほうが格段に良く、私たちでは到底かないません。

切り込み隊長が草刈り機を手に、水路の両サイドをガンガン刈り払って突き進みます。

後続の私は、フォークを手に刈り払った草木を片付けながら追いかけます。

しっかり片付けておかないと、雨風などによりまた水路に落ちてしまいます。

作業は、約1時間ごとに10分程度の休憩を挟みながら、上へ上へと向かって続けられます。

疲れてくると時々振り返って、自分たちの作業の足跡を確認しながら、疲れた体を奮い立たせます。

じんわりと汗をかく程度の運動でしたが、けっこう歩いたので疲れました。。

野々海での作業は、午前8時から正午までの4時間でしたが、

空気も景色もよく、ピクニック気分であっという間に終わりました。

私の昼ごはんは、菓子パンとお茶でしたが、いい眺めの中で食べるご飯は最高!

空を見上げると、色づいた木々と真っ青な空とのコントラスト!

いやぁ~、生きてるって素晴らしいな!と思う瞬間でありました。

田舎暮らしって、こういう瞬間がけっこうあるので最高ですよ!

集落内の人付き合いとか、行事への参加とか、あまり得意じゃない私ですが、

それでもお声をかけて下さる方がいるお陰で、こういう素晴らしい瞬間に出会うことが出来るのです。

そんなことを思いながら食べたお昼ご飯の時間も終わり、

午後の部へと作業は進むのでありました。

(午後は写真撮らなかったので割愛・・)

夕方、作業を終えた私は心地よい疲労感と達成感に浸っておりました。

「今夜、もしかしたら良く眠れるかも」

と予感した私は、ご飯たべて風呂に入って、ちょっとスマホいじってから、

早めに布団に入りました。

そしたら、、

いつの間にか眠りに就いていた私は朝まで目を覚ますことなく、安眠を遂げたのでした!

これが健康的な生活なんだろうなぁ、って思います。

最近、なかなかこういうリズムで生活できてなかったから、

久々に気持ちのいい休日でした。

来週の日曜日は道祖神づくり!

またここでご紹介できればと思っています。

それでは本日はここで失礼いたします。

次回の更新までさようなら!