晴れ間の風景

皆さんこんにちは!

毎度ご覧いただき、誠にありがとうございます。

タイトルにございますように、ここ栄村では晴れ間の出る穏やかな天気となっております。

しかし、予報ではこの穏やかな天気も今日までのようで、この先はしばらく厳しい寒さを覚悟せねばならぬようです。

と言いますか、そもそも今までが暖かすぎたのです。

暖かさで緩んだ身と心を一気に凍てつかせてやろうという魂胆なのかもしれません!

冗談はさておき、本当に寒くなるらしいので体調を崩したりしないよう気を付けないといけませんね。

寒くなって雪が降れば色々と遊べるので楽しみではあります。

防寒対策をしっかりして、雪が降りしきる中テントを張ってランチとか。

あるいは、かんじき履いて雪原を歩いてみるとか。お茶を飲みながらやすみやすみ。。

そんな感じで雪に想いを馳せている私でございますが、雪が止んだあとに広がる晴れ間もまた素晴らしいものがあります。

この2枚は秋山郷の鳥甲山を写したものです。

山々が間近に迫ってくるような感じで、稜線がはっきり見えていました。

この景色を見ている間、感動のあまり目がウルウルしてしまいました。

いやぁ、皆さんにもぜひ生でお見せしたい!

心が洗われます。

さて、次の写真はまったく趣の異なるものですが、

JR飯山線の森宮野原駅にある「日本最高積雪地点」の標柱です。

今年は雪が少なくて、「日本最高積雪地点」の文字が全部読めてしまいます。

ちなみに昨年は「積雪地点」の文字が雪で隠れていたように記憶しています。

ま、雪のないところで育った私にしたら、これでも多いと思うのですが。。

次の写真は、JR飯山線の平滝駅なのですが、

この駅名板(駅名標というらしい)、相当年季が入っています。なんと木製!

それにしてもよくこんなものが残されていたものだと思います。

ちなみに現行の駅名標はこちら、

この看板はおなじみのデザインですね!

まだ新しい看板ですが、いつの日か「懐かしい!」なんて郷愁を誘うようなことになるのでしょうか。。

さて、本日の投稿はここまでとさせていただきます。

次回の更新までさようなら!!

前の記事

道祖神まつり